テトラ工房

人と同じ物はイヤ、 無いものは造ればイイ。 興味がある事は納得するまで。 趣味の世界はフリーダム♪ そんな扱いにくいオッサンが DIYを中心に車を楽しむ日記です。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

持病の治療 - ? -

2009-09-10 Thu 11:13:34

作業も2日目になりましたが。。。

今週の涼しさが嘘のように蒸し暑かった週末(涙)
久しぶりにイイ汗、悪い汗をかきました♪

さぁ続きを始めますヨん♪
アッパーマウントにアッパーアームが取付けてあるので取り外します。

[ 右アッパーマウント固定部 ]

アッパーマウント?
ちょっとボルトが隠れてますが何とかなります。
ボルトは#16です。

[ 左アッパーマウント固定部 ]

アッパーマウント?
コッチは。。。ちょっと大変です(汗)
前側のボルトがABSユニット等の配管が邪魔で
簡単には工具が入りません(困)

ボクは他のパーツを外すのが面倒だったので
根気と少しの隙間でメガネレンチを駆使して何とか緩めました。

2日目、開始〜
車高調、手で支えてないと落下しますから注意ですw

残すは、タイロッドエンド。
しかし、コレが手強かった。。。

CRCをどんなに吹き掛けて放置してからチャレンジしても
ビクともしない(汗)

ビクともしないっと言うのは語弊があるかな?
タイロッドエンドにもステアリングラック?にも
多少、遊びがある訳で。。。

力を入れれば良いってもんでも無いようです。
緩まない原因は錆びによる固着であることは間違いないようです。
(目視で分かります・笑)

インパクトレンチが使えればイイんですが、形状的に
ボックスレンチが入らないし。。。

結局、3時間ほど格闘してやっと取れました(大疲労)
今回の一番苦労した右タイロッドエンドの固着
ドコかの整備士さんのブログのように、
ドリルで破壊してやろうかと、3回は考えましたが(爆)
何とか普通に外せて助かりました。

しかし、コノ作業で時間と体力を使い過ぎました。。。

タイロッドエンド。。。防錆剤で保護したいなぁ。

さて、アッパーアームの取り外しを写真に撮り忘れましたが(笑)
大した内容じゃないので進めましょうw

ココまでで、分解作業はやっと終了ですwww
整備書も無しに、行き当たりバッタリで進めてきましたが
何とかなるモンですネ(爆)

組付け作業に入る前に少々掃除をしてあげますw
タイヤハウスがキレイになったところで
いよいよ組付け作業に入ります♪


[ アッパーアームの組付け ]

アッパーアームの組付け?
分解前にマーキングしておいた印に合わせて本締めします。
アッパーアームは車両に取付けした後では、作業スペースが無いので
本締めし難いです。
だから先に本締めしておくんです。
こんな感じ
こんな感じ。。。
車高短なんで「1G」状態だと、こんなに上へアームが。。。
こうゆうの見ちゃうと、車高上げたくなりますネ(笑)

[ 後側ロワアームの比較 ]

後側ロワアームの比較?
下が純正、上がMEYLE製。

後側ロワアームの比較?
サブフレーム取付側、良く見ると。。。
ブッシュ内形状が違います!
オートメカニック誌によると、純正の液体封入式を
MEYLEはゴムのみに変更しているそうです。
経年劣化で発生する封入液体の漏れによる性能低下を
最小限にするためのカイゼンのようですw
後側ロワアームの比較?
ナックル側取付部のボールジョイント。
明らかに高さが違ってます!
ボールジョイントの形状、サイズが違うんでしょうか?
ヘタった純正と強化品とは言え、新品と比較しても意味無いかな(笑)
少なくとも、この高さの違いは車高に反映されるでしょうネ〜。
(けい君が教えてくれた車高が上るって情報はコレが原因かな?)

[ 前側ロワアームの比較 ]

前側ロワアームの比較?
ぱっと見、違いがあるとは。。。んん!?
ボールジョイントの受け部分、高さが違います!
つまり、純正よりMEYLE製は大きなボールが入っているんでしょうか?
[ 純正 ]
前側ロワアームの比較?
[ MEYLE製 ]
前側ロワアームの比較?
気のせいかな?
ショックの受けブッシュのサイズが違うような。。。
正確にはブッシュ周りの形状がMEYLE製の方が大きい気がします。

[ タイロッドエンド ]

タイロッドエンドの組付け
外す前に書くのを忘れましたが(笑)
写真のように長さを測っておくと、組付け時に助かります。
アライメントはプロにお任せしますが、試走時にとんでもない
方向にステアリングが傾いたり、変な動きを避けるためにはコレ位は
やっておきますw

ちなみに、当然と言うか諸悪の根源?(笑)なタイロッドエンドも
ボールジョイントのサイズUPが成されていますw
(AM誌にはサイズUPと純正-ゴム製からMEYLE-金属に材質変更との情報)

各アームの組付け
MEYLEコントロールアームリペアKITの仮組付けが終了w
組付けは分解の逆ですからかなりの省略ですm(_ _)m
ココまでで2日目終了〜。
1日目も疲れましたが、2日目も辛かったです(涙)


。。。3日目の作業です。

やっとと言うか、異音対策の本命、ハブベアリングの交換に行ってきました。
コレは個人のDIYではさすがに無理と考えて
作業開始前にプロの知り合い(友人)に依頼しときました。
ベアリング打ち換え完了w
交換作業はデジカメを持って行くのを忘れたのでありませんm(_ _)m
異音の発生源と思われる右側は、なかなか外れませんでした。
「これはナックルごと新品コース」が頭を過ぎります(汗)

でも国産〜怪しい外車(笑)まで幅広く手掛けてきた彼は
色んな方法でチャレジしてくれ、無事外す事ができましたw
でも、慣れたプロが作業しても約3時間も掛かってしまい、
本来の仕事の邪魔をして申し訳なく思っておりますm(_ _)m
長持ちしてネ♪
新品のハブベアリングが組み込まれましたw
長持ちして欲しいですが車高短である以上、消耗品と考えるべき?(汗)

さぁイヨイヨ合体です♪
ナックルと合体?
アッパーアーム、タイロッドエンドの取付け。
ナックルと合体?
ロワアームの取付け。
「1G」状態でのマーキング位置までジャッキアップして本締めします。

これにて組付け終了〜!!

作業を終えた感想を。。。
初めてのマルチリンク式ダブルウィッシュボーンな足
(4リンク?5リンク?)の分解、組付けは大変の一言に尽きます(汗)

ボクのパサートは走行距離こそ53kですが、9年落ちですもん。
アチコチの錆による固着があって当たり前。
苦労する事は想像してましたが。。。
問題が起こった時の対処方法に、プロとの経験値の差がいかに大きいか。
まぁ経験値がどんなにあっても、ソレを消化して吸収、活かせる応用力が
無ければ意味は無いのかもしれませんが(笑)

あっ別にプロを目指してる訳じゃないから
そんなに構える事ないか!?(爆)

ただ、自分の車に起こった異変や故障の原因、
その対処方法は熟知しておきたいと考えてます。

D-up、Style-upも大好きですが、車は走ってナンボですからw

完成www
無事、試走も終え生還したMyパサート君w

しかし、正面から見ただけで左右のキャンバーが合ってません(笑)
おそらく、アソコまで分解して組み付けたんですから
キャンバーもキャスター角もバラバラになってるなっているハズです(汗)
トーだけは長さを図っておいたせいか、試走時にステアリングセンターの
ズレや、どちらかにステアを取られる事はありませんでしたが。。。

試走時には、気になっていたハブベアリングが
原因と思われる「わんわん音」は無くなってましたww

代わりに別の「わー音」が発生してたり(汗)
停止時に「ゴキッ」とか「バキッ」って言うようになったり(笑)
新しい「わー音」はアライメント調整で改善してくれる事を願いながら〜
「ゴキバキ音」は勘弁して欲しかった(涙)
ボールジョイント劣化の象徴的な音なのに。。。
まぁ馴染んで来れば治まるかな?(希)

本日(9/10)にアライメント調整に出してきました。
ソコの店長、一目見るなり
「左右のキャンバーがバラバラだネ〜」っと苦笑い(汗)

「対内減り仕様」で調整をお願いしてきましたw


これで、また元気に走り回れるゾ♪


そう言えば、ラジエーターリザーブタンクに怪しい亀裂が出てきたなぁ。。。
2月の車検の時に、年内か年始に各ベルトの交換を勧められたなぁ。。。
右リアショック、OILの滲みが出てたなぁ。。。

ふぅ〜まだまだBBKは遠いのか(涙)

持病の治療 - ? -

2009-09-09 Wed 10:27:11

さて、いよいよ作業開始です!

でも、作業前に必要な工具は準備して置かないと
後で痛い目と言うか、無駄な時間を費やす事になります。

ボクの場合、自家用兼、仕事車でもありますので
全く動けない状態は少ないのに越した事はありませんのでw

まぁ、必要な工具サイズとかは追々って事で。。。


マズはジャッキアップ、ウマを掛けます。
マズはウマを掛けて。。。
ジャッキのみでは不安定で怖いですからネw

んで、いきなり分解作業に入る前に下準備を。。。
[ 前側ロワアーム、サブフレーム側 ]

前側ロワアームにマーキング
黄〇のボルトサイズは#18なんですが。。。
赤〇のマーキングは何ぞや?って事です。

足回りの組付け時において注意しなければならないポイントとして
「1G状態にて本締め」
っと言うセオリーがあります。
つまり車重が掛かった状態(アーム角度)でボルト等を締め付けないと
ブッシュが捩れて本来の性能を発揮できなくなる可能性があります。

実際にはタイヤを取付けて接地した状態でのボルト本締めなんて
理想はほとんど無理な話です。
(2柱リフトでもあれば話は別ですが・笑)

では、どうするか?
出切るだけ接地状態(1G)に近付けるには、
その状態での寸法を測っておくことです。

ボクは面倒臭かったので(笑)
フェンダーアーチtopからハブセンターを測っておきました。

タイヤを外した状態でハブを計測した寸法になるまでジャッキアップ。
この状態で各アームの角度をマーキングしておけば、本締めする時に
助かりますw

[ 後側ロワアーム、サブフレーム側 ]

後側ロワアームにマーキング
黄〇のボルトサイズは#18
赤〇にアーム角度をマーキング。

[ 後側アッパーアーム、マウント側 ]

後側アッパーアームにマーキング
黄〇のボルトサイズは#16
赤〇にマーキング。

[ 前側アッパーアーム、マウント側 ]

前側アッパーアームにマーキング
黄〇のボルトサイズは#16
赤〇にマーキング。

ココでインナーフェンダーを外してみました。
インナーフェンダーを外す
作業の邪魔になるかと思って外しましたが。。。
今にして思うと、外さなくても別に困らなかった(苦笑)
あっ!アンダーカバーは外した方がイイでしょう。

さて、分解に入りますが〜
そもそも、一番の目的はハブベアリングの交換です。
そのためにはナックル単体にしたいので、その準備を。。。

ナックル周りの配線を切り離します。
ABSセンサー?の取外し
ローター裏にある、おそらくABSセンサーでは?
堅いですが、刺さってるだけなんで頑張って抜きます(笑)

しかしコノ磁石?のような部品は配線から抜けません。

ナックルの中を通りながら〜
ナックルの中を通りながらフェンダーへと伸びています。(ジャバラのカバーが付いた配線)

切り離せそうな所が無い(汗)
。。。切り離せそうなカプラーがありませんが!?(油汗)

ボディ引込部が怪しい。。。
赤〇、ボディへの引込部。。。
ココから引張り出せばあるのかな?

やっぱりw
ビンゴ!

もう一つの配線、ブレーキパッド残量センサーのカプラーは
パッドセンサーの配線も切り離し。。。
キャリパー裏にあるんで切り離しw

ブレーキ関連の配線が外せたw
ABSセンサー側から引っ張り抜いて、やっと配線が切り離せました(フゥ)
スタートから、ちょっと焦りました。

次はキャリパーを外します〜
キャリパーを外して針金でぶら下げて。。。
ローター裏側から#18ボルト2本で固定されてます。
お約束ですが、針金でブレーキホースが張っちゃわない程度の位置に
ぶら下げておきます。

次はドライブシャフトをナックルから抜くための準備〜
ハブセンターブルトの締付け?
ナゼか純正ホイールが登場してますが!(笑)

ドライブシャフトをナックルから抜くには、
ハブセンターボルトを抜かなければなりません。

色んな工具をとっかえひっかえしてみましたが。。。
ちょい錆びてるハブセンターはビクともしませんでした(困)

そんな四苦八苦してるボクをからかいに来た親父〜
(大体、ボクが車と遊んでいるとチョッカイ掛けてくる・苦笑)

「そんなんタイヤ付けてテンション掛けてヤりゃ〜1発だわぁ」

。。。ナイス親父♪ 頂きますw

ハブセンターブルトの締付け?
しかもハブセンターボルトはヘキサゴンレンチ#17なんてサイズです!
こんなサイズ、普通持ってませんよネ〜(汗)

ほかの六角ボルト&ナットのサイズも#13、#16、#18とか
国産車では、なかなかお目に掛かれないサイズばかり(涙)

CRCたっぷり吹き掛けて一服w

無事、緩める事ができました♪
ローターが勝手に外れた(笑)
何気にローターも外れましたが(笑)
ローター、別にセンターハブボルトと共締めにはなって無かったです。
ハブに乗っかってるだけでした(汗)

[ 前側ロワアーム、ナックル側 ]

ロワアームのナックル側?
黄〇、下から#18のナットが締め付けてあります。

[ 後側ロワアーム、ナックル側 ]

ロワアームのナックル側?
黄〇、上から#18のナットで締め付けてあります。

[ 前側ロワアーム ]
ショックのロワ側、赤〇#18のボルトですが
緩めるだけで抜く事はアームが邪魔で出来ませんでした。
緑〇のスタビリンクは#16です。正確には写真の上側では無く、
下側を外しました。

[ アッパーアーム、ナックル側 ]

アッパーアームのナックル側
赤〇は#16です。
形状上(「割り」が入っている)どうしても水が浸入しやすく
錆びて固着している可能性が高い部位です。

ボクの場合は、思ったよりすんなり抜けましたがw

[ タイロッドエンド、ナックル側 ]

タイロッドエンド
黄〇のナットは#16。
赤〇は#13です。

タイロッドエンドをナックルから抜く
プラハンマーで手加減しながら叩き出しました。

諸悪の根源的に見られる可哀想なタイロッドエンド君(笑)
試しに手でグリグリしてみましたが。。。
思ったほどフニャフニャではありませんでしたが、
手で簡単に動くのは好ましくありませんネ!
っと、交換を正当化してみる(苦笑)

アッパーアームをナックルから抜く
アッパーアームも手加減しながらプラハンマーで叩き出します。
この時、ナックルを手で支えてないと大変な事になります!

最悪、股間をナックルが直撃なんて事もありうるので注意です(笑)

ナックルが外せた(フゥ)
やっとナックルが外せました(疲労大)
元はaudiが設計しただろうコノ足回り。。。
このマルチリンク式ダブルウィッシュボーン?
性能はイイんでしょうが整備性、悪すぎです(涙)

ハブ。。。
本当はハブも取り外したいんですが。。。
押しても引いてもビクともしなかったのでこのままプロにお任せ(汗)

異音が出てた右側のベアリング。。。
内側からハブベアリングが見えますが。。。
異音の原因になるような感じは分かりません。

たぶん、内部やハブが焼き付いてるのかな?

さて、疲れた体に鞭を打ってロワアームをサブフレームから外します。

[ 後側ロワアーム、サブフレーム側 ]

後側ロワアームのフレーム側ボルトが抜けない(汗)
ボルトが抜けません(汗)

ボルトが長くて車体に当たって抜けないんです。

でも、そんな対処法もオートメカニック誌には紹介されてましたw
サブフレームを緩めて対処w
後側ロワアームの取付部の近くに
サブフレームの車体連結部があります。
ココを緩めて、問題のボルトを抜く方法が紹介されてましたw

後ろがコレでは前も?
前側ロワアーム、フレーム側ボルトも。。。
やっぱり横から見てる限り、ボルトが抜けるほどのスペースが無いような。。。

ちゃんと逃げ穴があった(嬉)
と!思ったら!!
ナゼか前側はボルトの逃げ穴が開いてました(笑)

ロワアームがやっと外せた(汗)
外せたロワアームさん達。
今までありがとうw

[ 後側ロワアーム、サブフレーム側 ]

目視でヤバそうな亀裂は無い。。。
ちょっと変形してるような気もしますが。。。
目視で分かるような亀裂はありません。

[ 後側ロワアーム、ナックル側 ]

ナックル側にも亀裂は無いが。。。
ココも簡単に手で動かせますが。。。
目視で分かるような亀裂はありません。

[ 前側ロワアーム、ナックル側 ]

コッチは一段とクタクタでした
目視で分かる亀裂はありませんでしたが。。。
後側より、明らかに柔らかい。と言うかクタクタでした!

[ 前側ロワアーム、サブフレーム側 ]

亀裂発見!
赤囲い、とうとう亀裂を発見!
ロワアームに関しては、後側より前側の方が負担が多く
劣化、損耗、破損の確率が高いんでしょうか?

ココを見て後に続く方、ロワアームのヘタリ具合をチェケラ(笑)


1日目、終了。。。
はぁ〜レポするのも疲れる(笑)

1日目の作業が終了したところで、今回はこれにて〜

先週末は、まだまだ残暑が厳しく辛かったです。
元々腰痛持ちなんで、連続したコノ手の作業姿勢はヤバいんです(汗)

もし、刺激されてチャレンジするつもりな人が居たら!
1ヶ月前くらいから筋トレ&ストレッチで体を造ってからに
した方が良い事をアドバイス致しますw

えっ!
ボクですか?

もちろん、メタボな弛んだ体のまま勢いだけでヤリましたが何か?(後悔)


では、また次回に〜