テトラ工房

人と同じ物はイヤ、 無いものは造ればイイ。 興味がある事は納得するまで。 趣味の世界はフリーダム♪ そんな扱いにくいオッサンが DIYを中心に車を楽しむ日記です。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

『ど真ん中ミーティング12』 レポ-番外編

2012-06-08 Fri 15:50:25

はぁ〜あの楽しかった2日間から、
もう2週間が過ぎようとしてますネ。。。


時間が経って、冷静に心に残った事を、
お約束の?番外編として、今回のオイラ的感想を綴ってみますw


実はレポの途中で色々書きたい事もあったけど、
まずはちゃんとレポを終わらせてからっと我慢してました。

一段と自由に書きます(笑)
ひょっとしたら「ヤラカス」かも知れません(爆)

ど真ん中12-127
↑ このステッカー貰えなかったゾ!
ちょっと欲しいゾ!!
(貼らないケド・爆)


同じヨーロピアンであっても目指すスタイルと言うか、
バランスは個人の想いで自由なんですが。。。

参加車両を一通り見させて頂いた感想は〜

出ズラが甘い車がけっこう居たゾ!
ど真ん中12-128
↑ コレぐらいは攻めて欲しいなぁ

↓ コレはちょっとヤリ過ぎ(汗)
ど真ん中12-129
って、オイラじゃん(笑)

特にコンパクト系なんかは〜
ど真ん中12-130
出ズラでグッと雰囲気変わりますw

基本的なワイド&ローを効果的に魅せる基本でしょ?
出ズラって。


どうも、低車高化に振り過ぎて守りな出ズラが多かった気がしました。


確かに最近のベルターゼですら、エアで着地のツラウチが増えましたが〜

日本やUSの影響を受ける前のベルターゼなんか、
明らかに出スギちゃんが多かったですよネw


もちろん、車格やサイズ、狙ったバランスで出ズラ量が決まる事は
判ってますが、「この車、惜しいなぁ〜」って何台もありましたヨ!

個人的にNurルック大好きだし、ハミ〜大好きなせいもありますが、
ヨーロピアンなフリークさん達には出ズラには拘って欲しいです。

どんなに苦労して低車高を実現出来ていても、
停車時、走行時にグッと足を踏ん張ってる感じのしないツラ・ウチウチでは
ヨーロピアンD-upカー特有の存在感が薄れてしまってて、
勿体無いと言うか残念な気持ちになります。。。



ところで〜!



初・参加してた人達でイマイチその「ヨーロピアンスタイル」ってのが
ピンと来ていない人達、参加してみて解りましたか〜?


「おぅ!バッチ分ったぜぇ〜w」

って方は優秀なんで、お帰り下さい(笑)




「いやぁ何か余計分からなくなっちゃった・汗」

って方に、チョットだけオイラ的解説を〜

本来のヨーロピアンってのはaf、afステージ誌が
全盛期時代に発祥した欧州車化にD-upするスタイルの事です。

当時(今でも?)は欧州車(外車)は高く、新車はもちろん、中古でも
なかなか手が出るモノではありませんでした。

その頃、若かったフリークの人達が自分が手に出来る国産車を使って
どうにか、あの憧れの欧州車とか欧州車チューナーとか欧州車レース車両を
作るコトが出来ないか!?

そんな感じで始まったヨーロピアンスタイルも、フリークの人達が歳を取った(笑)
もとい、憧れだったお気に入りの欧州車が中古で
安く手に入る時代になったりして欧州車に乗り換える人も増えたし、
仕事を頑張って新車で欧州車を買える人も出てきました。

だから本来の国産車の欧州車化D-upとは変わってきています。


最近、af-impでも使われるようになってきた、
NEXT ヨーロピアン」ってのがしっくり来るでしょうか?

オイラ個人の解釈では。。。
欧州車の魅力、スタイル、生立ちを再認識し、消化し、
日本人の感性で再構築したスタイルがソレなんではと考えています。

言葉で小難しく書いちゃうと分かり難いんですが(汗)


その一つの答えはど真ん中12-120
audi A4アバント
-pantaroさんが実現されていますw

一見、シンプルにD-upされたA4アバントに見えますが、
知れば知るほど、見れば見るほど、新しい手法を持ち入りながら
この絶妙なバランスでD-upされた姿にホレボレしちゃいますw

機会があれば、是非、生で見る事を強くお奨めする1台であります。





時々「見て盗め!」とか職人世界のような言葉を聞きますが、
イベントやミーティング、オフ会とかで気になった車のオーナーさんを
見つけたら、勇気を振り絞って話しかけてみましょう♪

オイオイ!(汗)って無礼な態度じゃダメですが、
大概のオーナーさんは、同じ「好き者」から声を掛けられて
嫌がる人は少ないと思います。

ベテランさんや達人さん達も最初からそうだった訳じゃありませんし、
若かれし頃や初めてのドキドキを忘れてる人は居ません。

ちゃんと話し掛ければ、ちゃんと応えてくれますヨ♪
(応えてくれない時は。。。無かった事に・笑)


一見、自慢話みたいに聞こえる時がアルかもしれませんが、
その車にどんなアプローチでこのスタイルに持って来たか?が、
本人から直接聞ける事なんて、そうそうありません。

これほど勉強になり、刺激なる事は雑誌やネット上ではありませんヨw



ただソコに車を停めて、司会進行に身を任せてても何も生まれません。


交通費や参加料を払ってるからには、「爪跡を残せ!」なんて(笑)
気合入れる必要はありませんが、せっかく生きてるんですもんw

色んな話を聞いたり、批評を聞いて落ち込んだり、
思いもよらないアドバイスや、発見で「やる気スイッチ」がON!になったり。

好きな趣味が、一段と楽しくなりますヨ♪

合言葉は「基本、楽しく♪」であります!





っとと、長〜い(苦笑)


今回はコレぐらいにして、今月号のaf-impを読みますw

『ど真ん中ミーティング12』 レポ-終

2012-06-05 Tue 23:40:56

残念ながらオイラの『ど真ん中ミーティング12』レポも、
とうとう最後になってしまいました(涙)

拙い文章に、フリーダムな「吹出し」、勝手なコメントで
気分を害された方、ゴメンなさいm(_ _)m

一部の方達からのリクエスト、超・長編レポにできなくてゴメンナサイm(_ _)m
(まだまだ官能小説家への道は遠そうです・笑)


一部のファンの方、最後まで読んでくれて有難う♪


それでは、謹んで授賞式をお送りしますw



[ど真ん中ギャル賞]

ど真ん中12-109
VW Eos - ミクミク
さん。

(誰かが、グッ!ってやってますが・笑)

コチラもリアホイールがファットでリムがイイ感じでありますw

ど真ん中12-110
この賞、実は欲しい人が何人か居ます(笑)

おめでとうございましたw



[総合 第5位]

ど真ん中12-111
ホンダ レジェンド - JIN333
くん。

ど真ん中12-112
受賞者(車)は、名前を呼ばれたら車を本部前へ移動します。

しかも参加者、見学者の輪の中を。。。


ど真ん中12-113
目を閉じてるし、あえて目線ナシ(爆)

やっぱネ〜。。。

ど真ん中ミーティング
での受賞って特別なんですヨw
(彼の嬉しくも泣きそうな表情が良く物語ってますw)


ホントに長くヨーロピアン路線でD-upを続けてきた
何人かの友人が、受賞した時の顔を見てればネw

ど真ん中12-114

おめでとう!JINくんw




[総合 第4位]

ど真ん中12-117
ニッサン マーチ - i☆designさん。

ど真ん中12-118
ヨーロピアンフリークツアー2nd
の1は伊達じゃないw

ど真ん中12-119
この方、セダンをD-upさせても一流です。

密かに暖めていたi☆designさん流のコンパクトメイクが
ぎゅっと詰まった姿が、見ていて気持ちイイです。

おめでとうございます!




[総合 第3位]

ど真ん中12-115
トヨタ アベンシス - 036style
くん。

ど真ん中12-116
次世代ヨーロピアンを担う期待の若手ですw

初めて彼のアベンシスを見たのは2年前。。。
すでに、かなりのセンスで仕上げられたスタイルでしたが〜
この2年の間に内外装、キッチリ仕上げてきました!

おめでとう!036くん!!




[総合 第2位]

ど真ん中12-120
audi A4アバント - pantaroさん。

ど真ん中12-121
総合2位の方には「ど真ん中フラッグ」が渡されます。
このフラッグ(のぼり)は次回に返却しなければいけません。

ちなみにpantaroさんは昨年も総合2位でした(笑)

さらに23年度のaf-impスタコンにおいても年間2位だったりします!

ど真ん中12-122
この車を見て「コレは。。。欲しいなぁ♪」っと言う人が何人も居ます。

非常に洗練されてて実用性もありながら、ちゃんとエロイw(笑)
pantaroさんらしい、機能美と実用性や、ちょこっと遊びが
絶妙にバランスされた、audi A4アバントの1つの理想形ではないでしょうか?

おめでとうございますww




[総合 第1位]

ど真ん中12-123
ホンダ バモス ホビオ - ラッパさん。

ど真ん中12-124
歴代チャンプの名前が刻まれたボードを手に感慨深げなラッパさんw

ど真ん中12-125
今まで色んな車でヨーロピアンメイクを楽しんで来られたラッパさん。
その全車において、非常に完成度の高いD-upを仕上げてきたラッパさん。

オイラがRA6型オデッセイを購入するキッカケになった、
オデッセイ専門誌に載っていた、シルバー色のセンスフルな1台の車。。。
その車はRA8型オデッセイ、RA(ラ)−8(パ)つまりラッパさんでした。

おおぐっち
さんやpantaroさんのお陰で仲良くさせていただく事が出来ましたが、
ラッパ
さんのあんなにテンパッて挙動不審で
色んな感情がゴチャ混ぜになった表情を初めて見ました。

ど真ん中12-126
気の利いた言葉も浮かばず、おめでとう!っとしか言えなくて(汗)
他に何か言えなかった自分が情けなしです。


帰り道の途中、一緒に夕食を共にした時に

「やっぱ『ど真ん中』での1位は特別だから。。。」


伏目がちにポソッとつぶやいたラッパさんの言葉は忘れませんw



今回、特に親しくさせてもらってる、
友人であり先輩である2人が1位、2位になりました。

自分の事の様に嬉しくて、ちょこっとダケ?涙が出そうになりました(笑)

雑誌やネットの世界で憧れてた人達と、運良く仲良くなれましたが
いつか、いつか追い付いて、せめて対等に話が出来るようになりたいと
思ってました。

色んな人と出会ったり別れたりしている中で、
やっとイイ意味で力が抜けて、自分らしさでD-upが出来るようになり、
大・先輩の方達とも友達のように接して頂けることに、
麻痺しちゃってたのかも知れません。


あ〜やっぱ、この2人はスゴイや!
コレからもずっと現役でいて下さいネ♪

またオイラをアッといわせてくださいw


おめでとうございました!!!






以上、オイラの『ど真ん中ミーティング12』のレポを終わります。

ダラダラと取りまとめの無いレポにお付き合い、
ありがとうございましたm(_ _)m



- 追 記 -


総合3位と4位が入れ替わっていました。
記事の修正のご報告ならびに、
関係各位、ココをご覧の皆様にご迷惑を
お掛けして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

JINクン、指摘してくれてアリガトウw)